商品の放射性物質に関する保証について

日本果実加工株式会社は日頃より、安全・安心な製品をお届け出来るよう徹底した品質保証に取り組んでおります。
今回の福島第一原発の事故後には、放射性物質(セシウム134、セシウム137)の核種分析が可能なNaI(Tl)シンチレーション検出器を導入し、製品につきロット単位で放射性物質を分析して安全性を確認しております。
今後とも国や自治体等の指導に従うとともに、環境のモニタリングデータなどを監視しながら、一層の安全性を確保していく所存です。